トップ > たわし。

最新のたわし。
バックナンバー目次
たかまさにメール
たわし。 たかまさ

9月 11月

【24】 10月1日(土)

(9月27日のつづき)

「24(TWENTY FOUR)」シーズン2を見終えた。
シーズン1もシーズン2も最高におもしろかった。興奮した。シーズン3にも期待が高まる。
2シーズン合計48話をけっこうな勢いでみてちょっぴり疲れたので、ひとやすみしてからシーズン3をみはじめるつもり。

(10月6日につづく)


【車検費用】 10月2日(日)

車検に出していた愛車あんころもちが帰ってきた。
車検費用は、整備費用、消耗品交換費用、税金、自賠責保険料、リサイクル料、電装品の保証延長サービス料金などすべてひっくるめて、158,108円だった。車は特に壊れているところはなかったので、大きな修理はなくてこの金額。車を所有するのは金がかかるもんだなあとつくづく思った。


【社名変更】 10月3日(月)

10月から、おれが勤めている会社の社名が変わった。同時に社内の組織変更もあって、所属している課が変わり、席替えがあった。
今の時代、社名が変わるなんてのはめずらしくないことだと思うが、おれにとっては始めての経験だった。しかも今おれが職場で担当している仕事は、社名や部署名の変更にものすごく影響を受ける内容なので、先週は準備に終われ神経をすり減らしへっとへとになった。土日にゆっくり休んだつもりだったのに、まだ疲れが残っているようで、ゆうべから熱っぽくてだるい。


【ノムさん】 10月4日(火)

東北楽天ゴールデンイーグルスの監督就任が確実視されている野村克也氏が、おとといの朝のテレビ番組に出演していた。インタビューは終始司会者の田原総一郎のペースで進み「清原のピアスが気に入らない?」「清原がピアスをはずせば楽天で採る?」などの無理やりな質問責めで、笑っちゃった。


【ハイクラウン】 10月5日(水)

100円ショップでチョコレート「森永ハイクラウン(ビター)」を買ってきて食べた。
箱のデザインがなつかしい。
昔食べたときの味を覚えていないので、味は特になつかしくなかった。


ぶっといチョコレートが3本入っていた。
おれの記憶では薄いのが6本のはずだった。おれの記憶違いか。


【24】 10月6日(木)

(10月1日のつづき)

シーズン2をみおえてひとやすみしたので「24(TWENTY FOUR)」シーズン3をみはじめた。今晩は最初の2話だけみたが、早くも話が盛り上がってきてドキドキしている。ほんと作り方うまいよ。にくいよ。

(10月15日につづく)


【170度】 10月7日(金)

おれの職場に、ノートパソコンを大きく開いて使う人がいる。開き方の程度は日によって違うが、常に(おれの目測で)150度から170度開いている。そして、上から覗き込むようにディスプレイを見て作業をしているのだ。まあ、パソコンをどう使おうが勝手と言われればそれまでだし、大きく開くことによって誰かに迷惑をかけているわけではないのだが、先日職場で席替えがあっておれの席はその人のすぐ近くになったので、仕事中気になってしかたがない。おれにとっては、おおげさに言えばこれは迷惑行為だ。


当人が席をはずしているスキに実物を激写!
こんなに開いてんだよ! 変だよ! 変!


【プチ同窓会】 10月8日(土)

小中学生時代の同級生(女性)Tさんが代官山で洋服とアクセサリーのお店をやっているんだけど、5年間続けたそのお店を大家さんとの約束のため残念ながら閉めることになったとのこと。数日前に偶然お店のホームページを見て、10月9日で営業終了と知った。5年間、いつか行こういつか行こうと思いながら結局一度もお店に顔を出せなかった。こうなったらきょうお店に行ってみようと、昼ごろ決めた。

代官山などというおしゃれな雰囲気のエリアに行くことはほとんどないので、どんなかっこで出かけたらいいのかわからない。うちにあるのは古いヨレヨレの服ばかりだったので、近所のジーンズショップを覗いたりした。それから、差し入れのお菓子を買いにも行った。そんな調子でのんびりしてたら出発が夕方遅くになった。ホームページに閉店時刻が書いていないのでわからないが、たしか20時閉店ではなかったか。車で急いで向かった。

20時ちょっと前にお店に着いたとき、まだ扉は閉まっていなかった。よかった! お店に入ると、オーナーのTさんと、2人のお客さんがいた。お客さんのひとりは、同じく小中学生の同級生(女性)Oさんだった。「お客さんがいなかったら19時半に閉めてた」とTさんは言った。あぶなかった。閉店時刻を延ばしてくれたOさんともうひとりのお客さんに感謝。

閉店後、同級生3人で、近くのファミレスでプチ同窓会を開催した。Tさんと会ったのは10年ぶりぐらい、Oさんとは中学校卒業以来話をしていないので約20年ぶりだ。いろんな話をした。話は途切れることなく続いた。小中学生のころの懐かしい話もした。軽く人生論も語った。いい歳になってるけど、3人とも性格は昔のままのように感じた。人間、根底にあるものは変わらないんだなあと思った。小中学生の5〜6年間をいっしょに過ごした仲間だ。お互い気心が知れた仲だからか、超ひさしぶりに会ったというのに、いっしょにいてすごく安心感があった。それが、経験したことのない不思議な感覚だった。そんな感覚にひたりながら、時間を忘れて話した。すごく楽しく、ほんとに不思議な時間を過ごした。

ちょっとびびりながらも代官山まで行ってよかった。
プチ同窓会の記念写真を撮るのを忘れてしまったことに後で気づいた。失敗した。


【バッテリー】 10月9日(日)

きのうの夕方、車で代官山に向かおうと、自宅のマンションの駐車場に行った。車に近づきながらキーのロック解除ボタンを押すが、反応がない。いつもなら車からだいぶ離れた位置からでもロック解除ができるのに、きょうはうんともすんともいわないので、ボタンをカチカチ押しながら車のかたわらに到着してしまった。それでも開かない。ははあ、これはきっと、キーに入っている電池が切れたんだなあと思い、キーを鍵穴に差し込んでドアのロックを解除し、車に乗り込んだ。エンジンをかけようとして愕然。セルモーターがまったく回らない! バッテリーが上がってしまったようだ。いろいろ調べた結果、ルームランプのスイッチがオンになったままだった。原因はこれだ。あー最悪。すごく急いでるのに。今からJAFを呼んで直してもらって、それから向かって間に合うだろうか。あしたは用事があるので代官山に行くのはきょうしかない。どうなるかわからないけどまずはJAFを呼んでみよう。電話をしたら30分ぐらいで到着しますと言われたが15分ほどでサービスマンのおじさんが来てくれ、すぐにバッテリーをつないでエンジンをかけてくれた。車を買って3年間バッテリーの交換をしていないことを伝えると、交換するか、きょうこのままガソリンスタンドに行ってバッテリーの急速充電(1時間ぐらいかかるらしい)をするよう言われた。はいわかりましたと返事をしたものの、そんなことをしていたら店が閉まってしまう。ちょっとこわいけどきょうはおじさんの忠告を無視することにして交換も充電もせず、まっすぐ代官山に向かった。バッテリー節約のため、エアコンは使わず窓を開け、信号で止まるたびにヘッドライトを消した。そして、運よく道が比較的すいていたので、きのう書いたように、ギリギリ閉店前に到着することができたのだった。あーよかった。一度エンジンを止めてしまったらまたかからなくなるのではないかと心配だったが、プチ同窓会後にコインパーキングでドキドキしながらキーをまわしたら、めでたくエンジンがかかった。こうして無事に帰宅することができたのであった。

(10月10日につづく)


【続・バッテリー】 10月10日(月)

(10月9日のつづき)

ネットで調べたり、知り合いに聞いたりして、自動車のバッテリーの寿命は2年か3年だと知った。おれのは3年使ったので、もう交換してもいいのかもしれない。おとといのようなことがまたあったら困るし、一度完全に放電してしまったので弱ってもいるだろう。などといろいろ考えて、バッテリーを交換することにし、スーパーオートバックスに行った。
バッテリー19,800円、交換の工賃315円、合計20,115円也。


【釜揚げうどん】 10月11日(火)

先月の四国ドライブで自分用のおみやげに買ってきた讃岐うどんをゆでて、釜揚げうどんをつくって食べた。


日の出製麺 純生うどん


うまかった。


【幼児たち】 10月12日(水)

朝、電車に乗って窓から外を眺めていると、ところどころ、駅付近や線路沿いの道路で、幼児たちが電車を見ているのが見える。そばには大人がついている。きっと、近くの幼稚園や保育園の子供たちが、電車を見る目的で散歩につれてきてもらっているんだろうと思う。幼児たちはみんな電車が好きなようで、走る電車を夢中になって見ているのがかわいい。手をふっている子には手をふり返してあげたいが、車内のだれもそんなことをしていないのでがまんしている。


【500日】 10月13日(木)

禁煙500日目を迎えた。
たばこを吸いたいと思うことはもうほとんどなくなった。
歩きたばこをしている人の存在が迷惑に感じることが多くなってきた。おれは平気でああいうことをしていたんだなあと反省する。
でもまだ、ほのかにただよってくるたばこの煙はいい香りだなあと感じることも多い。


【座布団】 10月14日(金)

最近またしばらくふとんで寝ていない。すずしくなってきたのでリビングルームに軽く暖房を入れて、リビングルームの床に座布団を並べて、その上で毛布をかぶって寝る。これがわりかし快適で、意外に睡眠はまともに取れているように思う。


【24】 10月15日(土)

(10月6日のつづき)

「24(TWENTY FOUR)」シーズン3をみおえた。このシーズンも最高におもしろかった。これで、トリロジーBOXのシーズン1〜3、合計72時間をみたことになる。思い返せば長かった。長く楽しんだ充実した時間だった。最後の1話の再生ボタンを押すとき、ああこれでおわってしまうのか…と感慨深かった。
1〜3、どのシーズンも最高だった。よかった。興奮した。すぐにシーズン1からもう一度みなおしてもいいぐらいの感動だ。
シーズン4のBOXは11月25日発売だけど、シーズン4だけでシーズン1〜3のセットと同じぐらいの約2万円とけっこういい値段するので、買うかどうか迷うところだ。だけど車でレンタルショップにせこせこ通って争奪戦に参加する気力はない。買うか。


【週末の晩酌】 10月16日(日)

最近、週末の夜は、大量の枝豆をむさぼりつつ、「24(TWENTY FOUR)」を見ながらビールや発泡酒を飲んでいたんだけど、それがものすごく幸せだった。週末のほのかな楽しみだった。ゆうべ「24」をみおえたので、来週末からは何をみて楽しもうかな。映画がいいかな。ビールや発泡酒は500mlが適量のようで、おいしいからといって調子に乗ってそれ以上の量を飲むと、強い睡魔に襲われてダウンしてしまうのだった。


【マリーンズ】 10月17日(月)

千葉ロッテマリーンズ、2005年パ・リーグ優勝。おめでとう!
プレーオフでの福岡ソフトバンクホークスとの死闘を征しての優勝。マリーンズは特に思い入れのあるチームではないが、王ホークスをくだしたのはあっぱれ。


さて、胴上げはどうかな?
優勝決定後、胴上げはなかなか始まらなかった。
外人監督は胴上げ拒否なのか? と思い始めたそのとき、やっと始まった。
優勝経験がないメンバーなので、始めるきっかけがつかめなかったか。


宙に舞ったのは3回。
1回目、2回目はよかった。


だが3回目は失敗だった。
監督が裏返っちゃった! ありゃー!
上げる側もへたくそなら、上げられる側もへたくそ。


バレンタイン監督と王監督が抱き合うシーン。
こういう場面はじーんときます。


【ポリシャス】 10月18日(火)

先日、突然宅配便が届いて、荷物が届く予定はないんだけど何かなあと思いながら箱を開けたら、小さな観葉植物だった。


ポリシャスという名の木らしい。

入っていた手紙を読んでみた。日本テトラパック株式会社が「Baby Forest Project」キャンペーンというのをやっていて、抽選で10,000名に「Baby Forest(森の赤ちゃん=小さな鉢植え)」をプレゼントていたらしい。おれは数ヶ月前にこのキャンペーンを何かで見つけて、ネットで応募していたようだ。それが当選してこうして届いた。突然のプレゼント、なんだかうれしい。説明書を読んだところちょっとデリケートな木のようなので、枯らさないように気をつけて育てようと思う。


【スズメバチ】 10月19日(水)

人がスズメバチに襲われる事件があちこちで起きているようだ。小学生が集団で襲われちゃったりしている。幸いなことにみな軽傷で済んでいるようなのでなによりだが、刺されて死ぬことだってあるんだから、あぶないったらない。
おれは虫全般が苦手だが、一番苦手なのはハチであります。やつらは攻撃してくるし、自在に飛びやがるので逃げようがないからです。


【NUFAN】 10月20日(木)

夕方、仕事を終えて、Shibuya O-EASTに向かった。
NO USE FOR A NAMEのライブです。軽くレポートと感想を。

  • 19時開演。
  • チケットは5,000円だったが、入口で500円のドリンク券を買わされるので、実質5,500円。
  • ゲストはTHE LAWRENCE ARMS(アメリカのバンド)とSLIME BALL(日本のバンド)。どちらの演奏もつまらなくてたいくつした。
  • NO USE FOR A NAMEの登場は20時40分。待ちくたびれた。
  • NO USE FOR A NAMEの演奏が始まると1階立見席はもみくちゃになった。前方では人の上をころころ転がるやつが多数出現。2階立見席は平和だった。おれはもみくちゃになるのがいやだったので希望して2階席のチケットを取ったのに、1階席と2階席の間にチケットのチェックはなく、行き来し放題だった。
  • 演奏はよかった。この人たちうまいです。
  • どの曲も、アルバムに入っているバージョンよりちょっと速めのテンポで演奏していた。もともと速い曲が多いので、ドラマーが忙しそうだった。
  • コーラスはベーシストが歌う。マイクの音量のバランスのせいか、あまりハモッて聞こえなかったのが残念。
  • アルバムを全部は持っていないので、知らない曲も演奏されたが、知っている曲も知らない曲もどれもいい曲で、捨て曲なし。持ってないアルバムも買うべきだと思った。
  • アンコール1曲目「Let Me Down」が最高によかった。おれがこのバンドにはまったきっかけになった曲である。感動した。
  • アンコールを含めて20数曲、1時間15分で終了。
  • スーツの客はおれひとりだったかもしれない。会社帰りのサラリーマンはいなかったのかな。

【ソウ】 10月21日(金)

金曜の夜だ。枝豆と発泡酒でカウチポテトを楽しもうと思うが、残念ながら「24(TWENTY FOUR)」はみおえてしまったので、映画でもみるかとDVDラックを物色。「ソウ」がもう一度みたくなって、上映することにした。以前レンタルDVDでみて衝撃的だったのですかさず買ったものの、再生したことはなかったので新品。


やっぱこの作品すげえ。


【カラ箱】 10月22日(土)

ちょっと気を抜いたら、リビングルームのごみ箱付近にお茶のカラ箱がたまりつつある。こうして部屋が乱れていくのだ。危険。すぐ撤去だ。


やばい。


【澄】 10月23日(日)

きょうは空気が澄んでいたようで、うちのマンションの廊下から、新宿の高層ビル群がよく見えた。


新宿の高層ビル群。
右手前は田無タワー。


【スピッツ】 10月24日(月)

すごく楽しみにしていたスピッツのライブの日。
念を入れて仕事は有給休暇を取り、夕方、車で神奈川県民ホールへ向かった。15時50分に東村山市の自宅を出発、一般道も首都高も渋滞で、18時30分の開演に間に合わないのではないかとかなりあせりながら向かった。でも都心部の渋滞を抜けたあとは順調で、18時にホールの地下駐車場に到着し、ほっとした。会社を休んだくせに遅刻したとしたらアホだ。アホにならなくてよかった。
では軽くレポートと感想を。

  • オープニングの「空も飛べるはず」からラストの「春の歌」まで全21曲を演奏(某掲示板に書き込まれたレポートからの情報)。時間は2時間5分。
  • 女性キーボーディストがサポートで加わっていた。
  • どの曲の演奏も超すばらしい。演奏は全員うまい。でもって曲が最高なので、超感動させられた。草野マサムネの作詞作曲とヴォーカルがすばらしいのはもちろんのことだが、スピッツの曲を支えているのはドラマーとベーシストだなあと特筆したい。
  • 上品に演奏するバンドのイメージを抱いていた。しかしちがった。曲にもよるが、ヘヴィーな曲は思いっきりヘヴィーで凶暴なサウンド。でもって音量がえらくでかい。ライブ終了後もしばらく耳鳴りが残った。
  • アルバム収録バージョンよりほんのすこーしゆっくりのテンポで演奏される曲が多く、じっくりきかせてくれる感じを受けた。
  • 演奏中、ヴォーカリストもギタリストもベーシストも定位置をほとんど動かない。あえて言うなら一番動くのはベーシストで、興奮するとベースを振り回して暴れたり、一段高いドラムの台に登って拳でシンバルを殴ったりしていた。
  • MCがほのぼのしててなかなかおもしろい。
  • お客さんの8割は女性。年齢層は学生からおばちゃんまでと広い。おれぐらいの年齢の男性もいるので、自分が浮いているという感じはなかった。
  • おれの席は3階席で、周りは落ち着いてライブを楽しむ人が多く、3階席で立っている人は3分の1程度。おれは最後まで座って楽しんだ。見下ろすと1階席は総立ちでぴょんぴょん跳んだりしていた。あんな調子じゃすぐに疲れてしまってとてもじゃないが体がもたないだろう。3階席は最高だ。
  • 本当に最高のライブだった。かなり期待していたが、その期待を上回った。今まで以上にスピッツのファンになってしまった。
  • このライブのチケットが取れたのは、発売日の発売時刻直後に運良くネットの予約サイトにアクセスできたからで、たぶん奇跡。今後もツアーがあったらぜひみに行きたいが、チケットが手に入るとは限らない気がする。ファンクラブに入ると優先先行予約というのが(抽選があるようだが)あるらしく、チケット入手の確率がだいぶアップすると思うので、ファンクラブへの入会を検討することにする。
  • 持っていないアルバムは早期にすべて買い揃えることにする。

【お買い物】 10月25日(火)

スピッツのアルバム「空の飛び方」と「花鳥風月」をAmazonで注文した。

EMINEMの「Lose Yourself」が使われているiPod + iTunesのテレビCMがめちゃくちゃかっこいい! 映画「8 Mile」のサントラを買うことにした。Amazonマーケットプレイスで見つけて注文。商品が210円、配送料が340円。なんだか納得いかない。


【マリーンズ日本一】 10月26日(水)

プロ野球の日本シリーズが終わった…。
タイガース4連敗。悲劇だった。


マリーンズ日本一おめでとうございます!

マリーンズファンの大学の先輩にメールを送った。

マリーンズ日本一おめでとうございます!!
いやー完敗でした。
まさか4連敗するとは思いませんでしたが
マリーンズののびのびとしたプレーに対し
タイガースの異常に固いプレー。
見ていて納得のマリーンズ圧勝でした。
また来年ぜひ対戦しましょう。

先輩から返信をいただいた。

いやー。タイガースはまったく本来の姿をみせる事なく
終わってしまいはがゆい面もあるでしょう。
まさか4連勝で終わるとは誰も思わなかったはず。
岡田監督の采配も後手後手になった感ありありですが、
それより何よりロッテに勢いがあったという事なんでしょうか。
じゃまた何か機会があったら会いましょう。

最後に、いい写真を見つけたのでのっけとこう。
今年のプロ野球は非常に楽しかったです。岡田、バレンタイン両監督にも感謝です。ありがとうございました。


10月21日、千葉マリンスタジアムにて


【ふと思ったこと】 10月27日(木)

プロ野球日本シリーズは第4戦で終わってしまったけれど、おれは、第6戦のチケットの抽選販売に申し込もうと思っていたんだよなあ。結局ネットの申し込み期限にギリギリ間に合わなくて申し込めなかったんだけど。もし申し込みができていて、もし当たっていたら、チケットの払い戻し手続きが必要になったりしてめんどうだったなあ。そう考えると買えなくてよかった。のかな?


【医療保険】 10月28日(金)

最近、生命保険の営業マンと会って、加入している医療保険の見直しの話をしているんだけど、保険って、話を聞けば聞くほどわけわからない。どうするのが一番いいのか、さっぱりわからない。だいたい、自分が将来どんな病気になるかなんてわかるわけない。保険は一切使わず貯蓄するっていう手もあるのかもしれないけど、おれにはこつこつ貯蓄する根性はない。だから、いろいろ考えて、やっぱりおれは保険に入っておくのが安心だと判断して、そうしている。でも加入して10数年、医療保険を使ったことはなかった。まあ使うとすれば年寄りになってからなのかもしれないけど。加入も見直しも、歳をとればとるほど保険料が高くなる。安心を買うのは高くつくもんだなあと思いながら、悩んでいる。

(11月12日につづく)


【36.9度】 10月29日(土)

ゆうべからなんとなく体がだるくて、きょうは夕方まで用事がなかったのでごろごろしていた。こうして長時間休んでいるのにちっとも楽にならないので、熱があるのかなあと夕方体温を計ってみたら36.9度の微熱があった。風邪ひきかけだろうか。おれはこれぐらいの微熱でも弱気になってしまうのだが、きょうの予定はキャンセルできないので、だるいのをがまんしながら外出して用事をこなした。帰宅後に再度検温したら36.5度だった。発泡酒を飲みたい気分だったので、部屋をあったかくしてびびりながら飲んだ。なんでびびるのかというと、昔、冬にスキーに行ったときにビールを飲んだら風邪にやられて熱が出て、中国人の先生がやっている医院に行って診てもらったら、熱が出たと伝えただけで「ビール飲んだでしょ? ビールは体を冷やします」とズバリ言い当てられてしまったことがあり、それからというもの、風邪気味のときはビールを飲んではいけないと思い込んでいるからです。


【だるくてのんびり】 10月30日(日)

きょうはのんびりすごした。熱は下がったけれども一日中体がだるかった。昼寝をしたり、競馬の天皇賞で1番人気のゼンノロブロイが惜しくも2着になるところを見たり、そんでもって馬券ははずれたり(おれが注目していたアサクサデンエンは4着だった)、うどんをゆでて食べたり、そんな日でした。


【書類捜索】 10月31日(月)

年末調整に使う、税務署から届く書類が見つからない。ネットで調べたところ、どこかの掲示板でだれかが「4〜6月に税務署から郵便で届くはず」と書いていた。おれはそのころにそんな郵便物を受け取った覚えはないんだけど、うっかりどこかにまぎれこませてしまったのではないかと思い、部屋中を大捜索した。しかし残念ながら見つからず、書類の再発行申請の方法を調べたりした。

(11月1日につづく)


9月 11月